日本公認会計士協会千葉会

千葉会からのお知らせ

2022年6月研修会のご案内

2022年05月27日

千葉会会員・準会員・在住会員 各位

 

いつもお世話になっております。

 

2022年6月に開催する千葉会主催研修会について、以下の通りご案内いたします。

 

①参加希望の方は、以下より事前申込みをお願いいたします。

https://jicpa.or.jp/n_member/local_cpe/

 

 ★参加希望の研修会を選び、「参加申込する」をクリックしてください。
 【会場】【リモート】のお間違いがないようにご注意ください。

 

②千葉会会員は、東京会主催研修会に無料でご参加いただけます。
 定員も多く、多様な講師講演が企画されておりますので、こちらも是非ご参加ください。
 東京会ウェブサイト( https://tokyo.jicpa.or.jp/member/education/?cl=on )より参加申込可能です。

 

上記②③のログインID・パスワードは、協会ウェブサイト会員マイページと共通です。

 

【1:第7回定期総会 関連行事】 ※ハイブリッド開催

開催日時:2022年6月28日(火)10:00~19:30(予定)

会 場:三井ガーデンホテル千葉 3階 平安

内 容:①10:00~11:40 第7回定期総会時CPE研修会

テーマ「商社マンが危惧する日本の教育現場(Critical Thinking教育の充実を)」

講 師:神田外語大学学長 宮内孝久氏

科 目:スキル(9301) 2単位

 

②13:00~15:40  第7回定期総会

科 目:協会活動への参加(1101) 3単位

※千葉会会員には、6月中旬に議案書を郵送いたします。詳細は議案書同封の招集通知書をご確認ください。

※リモート参加者は議決権行使することができませんので、6/21までに委任状をご提出ください。

 

③16:00~17:30  本部会務報告・会員の声を聞く会

科 目:協会活動への参加(1101) 2単位

 

④18:00~19:30  第7回定期総会時懇親会(予定)

※着席形式で行います。

 

定員(申込締切):会場 72名  /リモート 100名 (会場・リモート共に6/21まで)

詳細案内・申込書   https://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/servlet/fdl.jsp?item=j5dp9RmVp4

 

※定期総会時CPE研修会開催当日、講演中に質問を受け付けます。
 会場参加者:挙手し、会場内の指定の場所からご質問ください。
 リモート参加者:配信の関係上、視聴のみとなりますので、事前質問を受け付けます。
 千葉会ウェブサイトの研修申込ページに当日の講演概要を掲載しますので、内容をご確認いただき、質問がある方は登録Formより質問をお寄せください。
 なお、お時間の関係上、全ての質問にお答えできるとは限りませんのでご了承ください。

 

【2:DVD研修会】 

開催日:2022年6月7日(火) / 17日(金)※両日とも同じ研修内容です

会 場:千葉会会議室

内 容:①10:00~11:40

テーマ:【医療法人会計研究会企画勉強会】

<春季全国研修会>非営利組織の会計の共通化を目指して~モデル会計基準(個別論点)~

(本部 2022年2月2日開催、eラーニングコード:E024140)

科 目:会計(2106) 2単位

 

②13:00~14:40

テーマ:<春季全国研修会>監査の品質管理の実務

(金融機関に係る改善勧告事項事例の説明及び事例解説集による改善勧告事項事例の説明)

(本部 2022年2月4日開催、eラーニングコード:E035540)

科 目:必須・監査(3101) 2単位

 

③15:00~16:40

テーマ:連結納税制度からグループ通算制度への改正のポイント

(東京会 2021年9月28日開催)

科 目:必須・税務(4105) 2単位

 

定員(申込締切):会場 24名(前日まで)/リモート 50名(4日前まで)

 ◆申込書: https://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/servlet/fdl.jsp?item=VUbWFH5Zzp

=====================================================

<来会受講に関するお願い>

◎今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、来会受講を中止する場合がございます。

 ご参加前に千葉会ウェブサイトにて開催の有無をご確認ください。

◎来会受講の際は、感染防止対策にご協力をお願いいたします。

◎CPEカードをご持参ください。

 

<お知らせ>

◎過去に同じ研修を受講されている方は単位認定できませんので、履修内容をご確認の上ご参加ください。

◎「税務」「会計」科目の研修は、所属税理士会へ研修時間一括申請が可能です。

◎1事業年度に取得できるスキル分野の研修履修単位数の上限は10 単位です。